English

佐藤 慶介

氏 名 佐藤 慶介 (さとう けいすけ)
職 名 教授
学 位 博士(工学)
主担当科目 電磁気学および演習I, II
電子デバイスI
コンピュータプレゼンテーション
電気電子工学リテラシー
電気電子工学基礎実験I
プロジェクトワークショップ
佐藤 慶介
専門分野 半導体電子材料
光電子デバイス
研究領域 無機ナノ粒子表面へのナノデザイン設計
機能性無機ナノ構造体で創るグリーンエネルギー
所属学会 応用物理学会
照明学会
略 歴 1996年3月 東海大学工学部電子工学科卒業
2003年3月 東海大学工学研究科電子工学専攻博士課程修了
2003年4月 東京電機大学理工学部電子情報工学科助手
2008年7月 独立行政法人物質・材料研究機構WPIセンター国際ナノアーキテクトニクス研究拠点MANAリサーチアソシエイト
2010年4月 ボローニャ大学物理学科リサーチフェロー
2012年5月 独立行政法人物質・材料研究機構WPIセンター半導体ナノ構造物質グループNIMSポスドク研究員
2013年4月 東京電機大学工学部電気電子工学科助教A
2016年10月 東京電機大学工学部電気電子工学科准教授
2018年10月 東京電機大学工学部電気電子工学科教授
Mail

代表的な論文

  • Y. Sugano, K. Sato, N. Fukata and K. Hirakuri: Improved separation and collection of charge carriers in micro-pyramidal-structured silicon/PEDOT:PSS hybrid solar cells, Energies, Vol. 10, No.4, p.420 (13 pages), 2017.
  • K. Sato, M. Dutta and N. Fukata: Inorganic/organic hybrid solar cells:Optimal carrier transport in vertically-aligned silicon nanowire arrays, Nanoscale, Vol.6, Issue 11, pp. 6092-6101, 2014.
  • K. Sato, A. Castaldini, N. Fukata and A. Cavallini: Electronic level scheme in boron- and phosphorus-doped silicon nanowires, Nano Letters, Vol. 12, Issue 6, pp. 3012-3017, 2012.
  • K. Sato, S. Yokosuka, Y. Takigami, K. Hirakuri, K. Fujioka, Y. Manome, H. Sukegawa, H. Iwai and N. Fukata: Size-tunable silicon/iron oxide hybrid nanoparticles with fluorescence, superparamagnetism, and biocompatibility, Journal of the American Chemical Society, Vol. 133, Issue 46, pp. 18626-18633, 2011.
  • K. Sato, N. Fukata, K. Hirakuri, M. Murakami, T. Shimizu and Y. Yamauchi: Flexible and transparent silicon nanoparticle/polymer composites with stable luminescence, Chemistry-An Asian Journal, Vol. 5, No. 1, pp. 50-55, 2010.

研究室紹介

太陽電池を「より安価に」、「より手軽・簡便に」創れる技術を考案し、さらには「より高性能に」するための機能性無機ナノ構造体(ナノ粒子、ナノワイヤ、ナノテクスチャー構造等)を利用した無機/有機ハイブリッド太陽電池の開発をしています。

ナノエネルギー研究室

▲ページのトップへ