English

ナノエネルギー研究室 佐藤 慶介 教授

電子デバイス電子情報システム

機能性無機ナノ構造体で
クリーンなエネルギーを創る

 必要なエネルギーを自ら創り出すことができる太陽光発電システム(太陽電池)が戸建住宅、工場、施設、駅舎等で年々普及しています。本研究室では、製造コストの低減、耐久性の向上、設置場所の拡張等を見据え、機能性無機ナノ構造体と有機ポリマーとの複合化により効率良くエネルギーを生み出せる新規無機/有機ハイブリッド太陽電池の開発に取り組んでいます。
 機能性無機ナノ構造体には、シリコンのみで構成されたナノ粒子を使用しており、「より安価」、「より簡便」に製造できる技術を構築しています。また、このナノ粒子に導電機能を付加させる「不純物添加」、表面欠陥を低減させる「表面被覆」、比表面積を拡張させる「ナノ凹凸多孔構造形成」等を取り入れることで太陽電池の性能向上を図っています。
 環境エネルギー分野においてキーデバイスとなっている太陽電池の高性能化を目指し、学生が独自のアイデアでナノ構造体や太陽電池のセル構造の改良を行っています。

佐藤 慶介 教授

シリコンナノ多孔状粒子の電子顕微鏡写真

シリコンナノ粒子/有機ポリマーハイブリッド太陽電池の構造図

▲ページのトップへ